【リーダー・イン・ミー校によるウクライナ支援】ヒューマニティ・デー(人道の日/人類の日)活動のご提案

ウクライナに対する軍事侵攻をきっかけに、ルーマニアのリーダー・イン・ミー・スクール、トランシルバニアカレッジの学生たちが、ウクライナから逃れてきた難民の声やニーズに応えるために、これまで学んだリーダーシップの原則を活かした活動を考えました。

ウクライナ侵攻の日(2022年2月24日)から1ヶ月が経とうとしている今、学生たちは世界中の学校に、2022年3月24日〜2022年3月31日の間の1日を「私たちのヒューマニティ・デー(人道の日/人類の日)」と題し、次の活動の実施を呼びかけています。

1. 教職員、生徒、個人でウクライナの国旗の色(青と黄色)を身につける

2. ウクライナの人道的救済活動に参加している慈善団体や援助団体に寄付をする

3. ウクライナ支援として寄付できるものを地域や多くの人々に持ち寄るように促す

4. 自分で行った活動体験を#hereforukraineや#hereforhumanityを使ってソーシャルメディアで共有する

救済活動支援の目的であれば、上記の提案内容を行うこと、一部だけ行うこと、自分たちで考えた行動を行うこと、どんなことでも可能です。どのようなことでも、上記のハッシュタグを使って、活動の様子をソーシャルメディアで共有いただけると幸いです。

こちらの活動へのご参加はもちろん強制ではありません。参加の判断は自由です。ルーマニア、ポーランド、その他の国境を接する国々には、何百万人もの難民が押し寄せています。この学生たちは、ウクライナからの難民を助けるために積極的に活動しています。

ウクライナから難民を助けるためのルーマニアの学生たちの活動を賛同される方、学校、団体、企業がありましたら、1~4の活動、またはそれ以外の支援活動を通し、ご協力お願い致します。