TAG コミュニケーション

コミュニケション・外国語運用能

『7つの習慣』『リーダー・イン・ミー』に学ぶ~「フランクリン・コヴィー・ジャパン エグゼクティブ・パートナー」菅 俊明 氏より

はじめまして。菅 俊明と申します。フランクリン・コヴィー・ジャパンに入社して7年半になります。主に企業向けの研修やコンサルティングサービスの提供を担当しております。企業向けに提供させて頂いている「7つの習慣」研修では、大…

コミュニケション・外国語運用能

動画対談シリーズ『未来の教室』~ 菊池省三氏が語る~第4部:今が、より豊かなコミュニケーションができるためのチャンス

コロナ禍は、対話的な学びを実現するチャンス 今が、より豊かなコミュニケーションができるためのチャンス 今のコロナ禍の状況が「チャンス」だと菊池氏はいいます。 それは、今まで気づかなかったことに 意識を向けることができるか…

コミュニケション・外国語運用能

動画対談シリーズ『未来の教室』~ 菊池省三氏が語る~第1部:教職員のあり方を子どもたちは感じ取っている

コロナ禍は、対話的な学びを実現するチャンス 教職員のあり方を子どもたちは感じ取っている 教職員に心の余裕がないと、 子ども達が発信しているものを受け取れなくなります。 子ども達は感覚で感じているのです。 教職員の発する非…

学校の働き方改革と教師の学び方

動画対談シリーズ『未来の教室』~五十嵐 晶子 氏が語る~第2話:タブレット端末を導入する際の課題

どんな学びにしたいのかというビジョンのもと導入する タブレット端末を導入する際の課題 タブレットをいれる時、 「どんな学びにしたい」というものがなくては、 本当に必要なものが提供できないのです。 夢のような話でもいいので…

コミュニケション・外国語運用能

『7つの習慣』『リーダー・イン・ミー』に学ぶ~「フランクリン・コヴィー・エデュケーション」高橋 広光 氏より

私は、高校まで青森県の田舎の町で、のほほんと過ごしていました。 東京都内の大学に通うことになり、様々な人との出会いの中で刺激を受けることの面白さを感じ、人に会うために色々な場所に出向く機会が多いという単純な理由から、やが…

学校の働き方改革と教師の学び方

動画対談シリーズ『未来の教室』~香山リカ 氏が語る~第5話:「教職員にはレジリエンスが求められている」と言われるが?

レジリエンスが低くたっていい!弱くてもいい! 「教職員にはレジリエンスが求められている」と言われるが? レジリエンスとは、抵抗力、打たれ強さ…といったものです。 そういったものは、頑張れば身につくものなのでしょうか? む…

学校の働き方改革と教師の学び方

動画対談シリーズ『未来の教室』~香山リカ 氏が語る~第4話:「テキトーにする」、「ゴロゴロする」ことの効果

教職員にとって必要な体験学習 「テキトーにする」、「ゴロゴロする」ことの効果 ラクする…というのではなく、 より良くするために休息は必要なことなのです。 真面目な人は、「1度休んだら戻れない」という意識があるのだそうです…

学校の働き方改革と教師の学び方

動画対談シリーズ『未来の教室』~香山リカ 氏が語る~第2話:消毒作業に疲れを感じている教職員へのメッセージ 

日頃とは異なる業務に携わること自体に疲れることを理解する 消毒作業に疲れを感じている教職員へのメッセージ 「疲れた…」「辛い…」といったことを 自分自身で認めることは、とても大事なことです。 「弱音を言ってはいけない。」…

コミュニケション・外国語運用能

動画対談シリーズ『未来の教室』~市川潤子氏が語る~第6話:子どもたちを伴走してほしい

どこにも余裕がないからこそ、教職員が声をあげていこう。 子どもたちを伴走してほしい 教職員として、どんな対応をしていけばいいのでしょうか? また、何を大切にしていけばいいのでしょうか? それは「伴走すること」だといいます…