TAG 子ども

コミュニケション・外国語運用能

『フランクリン・コヴィー・エデュケーション』と『共育の杜』共同企画~第3部:本物のリーダーシップとは何か~

本物のリーダーシップとは何か? 第3部  本物のリーダーシップとは何か 「7つの習慣」のコヴィー博士がまとめた、現在、直面している困難は、『過度な被害者意識』『不信感と絶望感』『過度な効率主義』『利己主義』『他人への無関…

コミュニケション・外国語運用能

『7つの習慣』『リーダー・イン・ミー』に学ぶ~「フランクリン・コヴィー・エデュケーション」牛嶋沙織 氏より

「夢」を与えてくれた子どもたち 私は学生時代、夢や目標を見出せず、 大学卒業後、就職しませんでした。 卒業後は興味を持った仕事があれば、 やってみるものの、夢中になれる仕事がなく、 職に就いては辞めを繰り返していました。…

学校の働き方改革と教師の学び方

動画対談シリーズ『未来の教室』~香山リカ 氏が語る~第3話:「できないことはできない」と言うことは教職員の使命

「子どもたちのために不利益だ」と声をあげる! 「できないことはできない」と言うことは教職員の使命 「消毒作業は外部に頼む」ということは、 教職員が気の毒で、その労働環境を守るというだけではありません。 その教育を受ける子…

動画対談シリーズ

動画対談シリーズ『未来の教室』~香山リカ 氏が語る~第1話:新型コロナウィルス感染症が与えている心の不安

臨床現場、厚労省「心の相談事業」から見える特徴 新型コロナウィルス感染症が与えている心の不安 香山氏は今、 『対面での精神医療』『チャット式での心の相談』そして『コロナ感染症による身体の相談』という 様々な角度から、コロ…

学校の働き方改革と教師の学び方

動画対談シリーズ『未来の教室』~渡邊 健 氏が語る~第9話:教職員のマンパワーだけに頼る学校教育には持続可能性はない

教育委員会、現場に提言することが組合の役割 教職員のマンパワーだけに頼る学校教育には持続可能性はない 仕組みとして、子どもの声を聴く。 それがしたいのだといいます。 しかし、批判があるのも事実です。 教職員は、ゆとりをも…

学校の働き方改革と教師の学び方

動画対談シリーズ『未来の教室』~渡邊 健 氏が語る~第6話:社会とのつながりを深め、開かれた学校組織を

外とつながることで新しい価値観を取り入れる 社会とのつながりを深め、開かれた学校組織を 学校は閉鎖的である。 学校の常識は世間の非常識。 そういったことが言われがちな学校。 実際に、教職員は社会とつながる機会が少ないのが…

学校の働き方改革と教師の学び方

動画対談シリーズ『未来の教室』~渡邊 健 氏が語る~第5話:ボトムアップによる教育改革を

自分たちで学校教育を創るという気概を持とう ボトムアップによる教育改革を このまま、黙っていたら、 どの学校でも同じものになっていく。 それは独自性もなく、 創造性もなくなってしまう。 コロナ禍の中で、教職員は、 『上か…

学校の働き方改革と教師の学び方

動画対談シリーズ『未来の教室』~渡邊 健 氏が語る~第2話:学校現場は疲労困憊状態

際限なく続く新型コロナウィルス感染症対策 学校現場は疲労困憊状態 教職員の「早く帰らないといけない」という意識が、 良いようにも、悪いようにも働いているといいます。 悪い例でいうと、 教職員間のつながりが薄くなっていると…

主体的・対話的で深い学び

動画対談シリーズ『未来の教室』~木村泰子氏が語る~安心して本音を語り合える人が、学校に1人でもいればいい。

主語は教職員ではなく、「子ども」であるべき。 安心して本音を語り合える人が、学校に1人でもいればいい。 木村氏はいいます。 「安心して本音を語り合える人が、学校に1人でもいればいい。」と。 それは子どもにとっても、 教職…

主体的・対話的で深い学び

動画対談シリーズ『未来の教室』~佐々木浩一氏が語る~第4話:繋ぎ直すことで、どんな問題も解決する。

教職員にとっての、つながる場、成長の場にするにはどうすればいいのだろうか? 繋ぎ直すことで、どんな問題も解決する。 自分のくせに気づいて修正する。 それを皆で共有していくのです。 その状態が作れたら、 その関係が築けたら…