共育の杜オンラインサロン 『エンパワメント』:学校と社会に必要なアップデートをあなたと一緒に起こす

緊急課題を即時対応しながら解決策を発見していくコミュニティが誕生

教育改革による学習指導要領の変更を現場で取り組もうとする最中、コロナパンデミック発生により学校教育現場の混乱は頂点に達しようとしています。

NPO法人「共育の杜」理事の前田康裕氏は、著書「まんがで知る未来への学び3」で以下のように述べています。

『令和二年度から全面的に実施された新しい学習指導要領では、まさにこのような「予測困難な変化」に主体的に向き合い、他者と協働しながら課題を解決し、新しい価値を創造し、より良い社会と幸福な人生の創り手となるための資質・能力の育成が求められています。

そして、その役割を学校だけに委ねるのではなく、学校と社会が連携・協働しながら、子どもや学校に関わる全ての大人が、学習指導要領を幅広く共有し活用することによって、多様で質の高い学びを引き起こすことができるように期待されています。』

つまり、この混乱を納めより良い未来を生み出すためには学校を中心に地域社会に住む大人が一致団結する必要があるのです。

そこで、垣根を超え「つながる」仕組みづくりを提案するNPO法人『共育の杜』が、「未来への学びと創造の場」をオンラインサロン「エンパワメント」として、まずはオンライン上に立ち上げます。

そして、共育の杜の運営はエンパワメント会員のみなさまの会費により運営されています。

4つの「つなぐ」で実現する「未来への学びと創造の場」

1、専門家と現場をつなぐ

現場の問題を即解決できる環境を作る


2、成功事例を即現場とつなぐ

様々な現場での挑戦や成功事例を即共有できる環境を作る


3、行政と現場をつなぐ

現場の問題の詳細を行政が把握できる環境を作る


4、地域社会と学校現場をつなぐ

問題意識を共有し、学校と社会に必要なコミュニティとしてのアップデートをオンラインで実現

以上、4つの「つなぐ」によって、エンパワメントを社会に起こします。

*エンパワーメントとは「人間は一人ひとりが元来素晴らしい能力を有している」という前提のもと、 その力を能動的に湧き出させ、顕在化させること。

まさにそれは全ての可能性を自らの内側に備えている種が、自然の中で命の可能性を最後までまっとうするするように。

誰のためのオンラインサロンなのか?

オンラインサロン「エンパワメント」は、知識を受け取るだけの場ではありません。未来の教育を創造する責任を担っている大人たちが互いに繋がり合い、現状の問題を実際に解決していき、新しい価値を生み出すという創造の場でもあります。

未来の教育を一緒に生み出す仲間として、

教職員
地域行政の担当者
子育て中の親
フリースクールの運営者または指導者
子どもの居場所作りをしている方、またはこれから作ろうとしている方
オルタナティブ教育を実践している方、またはこれから作ろうとしている方
不登校の子どもたちのための、学校とは違う学びの場を作ろうとしている方

学校の現状や教育界の現状や新しい教育のありかたなどについて、一緒に創り上げていきましょう。

「エンパワメント」メンバーになると?

学校内・地域社会・企業組織で課題となるテーマへの解決策を提供する専任講師から、毎月コンテンツを受け取ることができます。これらのテーマは、学校内だけでなく同時に社会生活でも必ず必要とされるスキルばかりです。また、一人の人間として人生の質的向上させるためのノウハウやスキル獲得ができるコンテンツも揃えております。

各講師のプロフィールはこちら

(今後必要性に合わせて専任講師は追加されてゆく予定です)

1、専任講師からのライブや動画を毎月受け取れる

講師名コンテンツ内容配信形式
住田昌治学校マネジメント&リーダーシップ:
学校の管理職やミドルリーダーに必要なマネジメントスキルとリーダーシップを学ぶことができます。
毎月動画配信
澤栄美養護教諭による「気になるあの子,気になるあのこと」毎月ライブ配信
今度珠美「新しい情報モラル教育,デジタル・シティズンシップ教育」毎月ライブ配信
柄澤春明次世代型教師を目指せ:
教師のキャリア構築を”本気”で考えます。
毎月1回程度のセッション
佐々木浩一自己開発の実践:
このオンラインサロンで得た知識を現場に持ち帰り、現実の問題を解決していくために必要な具体的なやり方をお伝えします。
毎月動画配信
間宮歌子「信頼を創る、育てる技術」:
「対話マネジメント」と、それを可能にする「タイムマネジメント」
毎月1回程度のライブ
(1クール
3回参加できる方)

2、先生が元気な学校をつくる~新時代の労働安全管理の基礎講座~

学校の働き方改革は、今、進めなければ学校教育の持続可能性はない、とまで言われるほどの重要な課題です。その改革の主体は、学校現場で働く管理職と教職員です。他人事では絶対に進まない改革を進めるのに必要な法律の基本的な知識や活用、また、全国各地で一気に進むであろう「一年単位の変形労働時間制」の問題など最新情報を提供します。教育委員会職員、管理職、教職員組合役員、教職員には必見です!

監修は、前・中教審「学校の働き方改革特別部会」座長の小川正人さん(放送大学特任教授・東京大学名誉教授)、教職員の公務災害認定に関わる取り組みでは第一人者の工藤祥子さん(神奈川過労死等を考える家族の会代表)です。サポートは、藤川伸治理事がつとめます。

3、月刊動画対談「New パラダイム」

名著「7つの習慣」で有名なフランクリン・コヴィー・ジャパン竹村副社長と教育関係者、有識者との対談企画、さらに「共育の杜」理事たちが社会の最前線で活躍する様々な分野のトッププレーヤーをゲストに招きく対談企画を、毎月お届けします。新学習指導要領にも示された「よりよい学校教育を通してよりよい社会を創る」という「社会に開かれた教育過程」を目指す教員のための必須アイテムです。

4、専門家と直接繋がり問題解決のアドバイスをもらえる

オンラインサロン「エンパワメント」メンバーは、Facebook秘密のグループに所属し、専任講師とも繋がることができます。現在抱えている学校現場での問題、保護者の立場からの要望、行政への希望など自由に議題を持ち寄り、対話的、主体的に課題解決していくことを参加者全員が目指します。

5、メンバー同士の相互交流により実際に問題解決できる

様々な現場でのチャレンジをFacebookグループで共有し合い、いち早く成功事例を自分の現場に持ち帰り、相談やアドバイスももらいながら実行できる環境が用意されています。

6、吉良先生が執筆!「エンパワメント通信」が毎月届く

言わずと知れた共育の杜、理事前田先生の著書「まんがで知る~」シリーズの主役である吉良先生が、なんと「エンパワメント」の会員向けに直にメッセージを書いてくれる、という企画です。吉良先生が、学校の問題点、地域社会の問題点を鋭く指摘し、解決策に導きます。

オンラインサロン「エンパワメント」の会費は?

「エンパワーメント」で提供するコンテンツやサービスは、継続性が伴ったときに効果を発揮していくものです。なので、月額の会費は無理なく継続できる額に設定いたしました。

月額1,000円

エンパワメント専任講師紹介

住田 昌治

横浜市立日枝小学校校長 

1958年生まれ。島根県浜田市出身。1980年より横浜市の小学校に勤め始める。2010~2017年度永田台小学校校長。2018年度より横浜市立日枝小学校校長。ユネスコスクールに加盟し、ホールスクールアプローチでESDを推進。2015年度は、「もみじアプローチ」でESD大賞小学校賞を受賞。「円たくん」開発など、子どもや教師が対話的・能動的に学習参加し、深い学びにいたるために有効なツール開発と商品化にも積極的に関わる。ユネスコスクールやESDの他、学校組織マネジメントやサーバントリーダーシップ、働き方の研修講師や講演、記事執筆等を行い、元気な学校づくりで注目されている。ユネスコアジア文化センター事業推進委員、神奈川県ユネスコスクール連絡協議会会長、神奈川県環境教育研究会会長、全国小中学校環境教育研究会理事、未来への風プロジェクトメンバー、横浜市ミニバスケットボール連盟参与。著書として「カラフルな学校づくり―ESD実践と校長マインド」(学文社)、「管理しない校長が、すごい学校組織をつくる!『任せる』マネジメント」(学陽書房)

澤 栄美

国立熊本病院附属看護学校卒業、熊本大学養護教諭特別別科、岐阜大学大学院教育学研究科修了。
1981年4月より38年間熊本県及び熊本市の養護教諭として小中学校に勤務。養護教諭現役時代、熊本市養護教諭会会長をはじめ18年間連続で熊本市養護教諭会の役員を務め組織運営にかかわる。平成25年度文部科学大臣優秀教員表彰他,教育、学校保健分野での表彰多数。2019年3月定年退職後、2019年〜2021年熊本市養護教諭初任者研修指導講師。2022年4月より熊本市スクールカウンセラー、熊本市教育委員会教育委員。
公認心理師、学校心理士(日本学校心理士会熊本支部副支部長)

今度 珠美(いまど たまみ)

鳥取県情報モラルエデュケーター.日本デジタル・シティズンシップ教育研究会デジタル・シティズンシップエデュケーター

年間150校を超える小中高等学校での授業実践,研修等.情報モラル教育推進事業検討委員(文部科学省)等歴任. 主な著書「スマホ世代の子どものための情報活用能力を育む情報モラルの授業2.0」(日本標準)「デジタル・シティズンシップ・1人1台コンピュータ時代の善き使い手をめざす学び」(大月書店)

柄澤春明

現役高校教師。次世代型教育推進協会代表。
40代で「教師としての生き方」を再検討し、効果的な人生の過ごし方を模索し始める。「教師が人生を豊かにするためには、仕事・私生活・セカンドキャリア構築を並行して進めていくことが絶対条件」という理念を掲げて活動中。
嫌いな言葉は「常識」と「権威」。

佐々木 浩一

「共育の杜」理事

人間が知的、感情的、霊的に進化成長し、成幸するための統合モデル「RCFメソッド®」考案者。JAPANコアチューニング協会認定講師。JADA協会認定SBT1級コーチ。
「ママエンジェルス」オフィシャルメンタルトレーナー。半年で全国70以上のチーム立ち上げを行う。
1974年 静岡生まれ。現在、アメリカ オレゴン州ポートランド在住。学習効果を最大化する場作りの専門家。個人、関係性、集団や社会における変革のプロ。戦後の分断政策によって孤立社会を、地域社会から再構築するため、社会変革事業を多方面に展開している。
現在、「日本人を世界のリーダーに」をミッションに、人生を切り開く力が自分の中にあることを一人一人の人間が気づける次世代型の社会を目指し日々活動中。自称「世直しフェチ」。

吉良 良介

小中高校・大学等での常勤及び非常勤講師

年齢53歳。小学校教師として凄腕の研究主任だった過去を持つが、45歳のときに謎の突然退職をしている。様々な困難を乗り越えながらがんばっている教師や今の時代に教師を目指す若者を心から応援する存在。また、人々が幸せに生きる未来社会の実現に向けて、多様な人々と協働しながら行動を起こしている。『まんがで知る教師の学び』シリーズ(さくら社)では小学校の講師を務め、『まんがで知る未来への学び』シリーズでは大学院の非常勤講師を務めた。趣味は掃除、特技は居眠り。

間宮歌子

人財育成コンサルタント及び国家資格キャリアカウンセラーとして、企業や行政、学校等で研修・グループコーチング・パーソナルセッション等を実施している。
「7つの習慣」とユング心理学を自身の基盤に据え、コーチング、NLP、EQ、カウンセリングの要素を活用した研修やセミナーをそれぞれの組織の目的に合わせて開発・提供している。(特非)日本スク-ルコーチ協会の国際コーチ連盟認定コーチ養成講座共同開発者・講師・トレーナー。
「7つの習慣®」個人向けファシリテーター養成講座の講師・コーチ(世界初「一般社団法人7つの習慣アカデミー協会」)。
‘The Leader in Me.’(「7つの習慣®」に基づいた学校変革プログラム)」の講師・コンサルタント(フランクリン・コヴィー・エデュケーション・ジャパン株式会社業務委託)。
2015年以来、‘The Leader in Me.’「7つの習慣®️」に基づく学校変革プログラムコンサルタントとして、25の学校に延べ300回以上の研修・コンサルを行う。
管理職・教職員の思いに寄り添い、安心・安全な雰囲気をつくるコンサルタントとして学校現場からの圧倒的な信頼を得ている。
講師活動の実績はこちらからどうぞ ☛ ここをクリック

中楯 浩太

「共育の杜」理事
〔自分軸〕メンタルコーチ
(一般社団法人)日本セルフエスティーム普及協会「自己肯定感」認定トレーナー
慶應義塾大学SFC研究所所員
元公立小学校教師として「楽しい思い出と確かな自信を!」をモットーに19年間勤務。長野県への移住を機に独立し、プロコーチとして活動。「自分らしく幸せに生きられる社会」を実現したいという願いのもと「自分を大切にする教育から、他人(ひと)を大切にする社会を創る」ことをビジョンに掲げ、多方面で教育環境のアップデートに注力。「子どもたち」を支える「先生たち」を支えるためにまずは、「先生」自身が「自分を大切にする」ために〔自分軸〕づくりプログラムを実施。その他、「共育の杜」の「ピア・サポートルーム」、「社会創発塾」の「萩・松下村塾プログラム」、「臨床心理士×元教師」の教師のメンタルサポートライブ「Well-Being共育プログラム」などの企画運営に携わる。
『この先を生む人』さくら社(2章に掲載)、『今すぐ受けたい授業』朝日新聞出版(社会科の学習で掲載)、『子供の思考をアクティブにする社会間の授業展開』東洋館出版(『世界の人々と共に生きる』担当)、『小五・小六 教育技術』小学館(2016~2017 教科特集社会科担当)
1975年8月4日生まれ(※吉田松陰と同じ誕生日に、ひそかに喜びを感じている)

企画運営室マネージャー

新川 紗世

11年間、静岡県公立中学校で英語科教員して勤務。11年目の9月、中堅教員として、どんどん増える業務と重い責任により長時間労働が続く中、過度なストレスのため心身ともに体調を崩し、病気休職に入る。
休職中に、自分の心の中を整理をし、成長を促してくれるライフコーチのセッションに出会い、学んだことから新たな人生の使命に気づいた。、その使命とは、「先生たちの心を整えるために安心安全の場を提供し、子どもたちと笑顔で関わり続けられるようサポートしていくこと」。
その実現に向けて踏み出すことを決意し、2020年3月に教員を退職。
「先生」たちの心のサポートをするミッション実現のためにプロのライフコーチとして起業。「先生」たちが自分の心身を大切にし、好きな教員という仕事を続けて、笑顔で多くの子どもによい影響を与えてほしいと願い、活動を展開している。
子どもたちの幸せのために、まずは大人が幸せになることを目指した教育団体G-Ups の代表理事として、教育に関わる大人みんなが、立場をこえて子どもたちのために何ができるか考え、行動にうつしていけるような場所を作っている。また、インターネットラジオ配信を通して、教育に関する考えや思いを発信している。「7つの習慣(R)実践会」認定ファシリテーター として「7つの習慣」実践会も開催中。

教員向けライフコーチ
個人HP(ライフコーチング):https://sayo-arakawa.com/
教育団体 G-Ups 代表理事

四方 聖子

初めまして、共育の杜で企画運営マネージャーとして抜擢されました四方聖子です。
私のしくじりまくった生い立ちをお話させてください。
生まれは東京、何度か引越して、10歳の終わりに親の離婚により愛媛県の田舎町へ引越しました。
小学4年生という微妙な時期に環境が都市郊外から田舎の漁師町へと一変しました。
転校して最初は優しかったクラスの子も、 関東から四国にいきなり引越したので、 方言が分からず理解出来なくて返答できない。
そんな繰り返しで、どんどんいじめの対象となりました。
母子家庭で大変な中で、学校で心開けず何も話せないことは母親に話せませんでした。
そして、中学生になり生活も落ち着いて吹奏楽部に入り、少しずつ笑顔も増えていました。
尊敬できる音楽の先生がいて、その先生に3年間クラスを受け持ってもらい、高校も吹奏楽部に入る!先生になる!そんな夢を持っていました。
ですが、高校に入り、今までとは違う学校生活に慣れず、部活に明け暮れ勉強はあっという間に迷子になりました。
部活が順調だったなら、それでも良かったかと思います。
吹奏楽部に入って、どうしても技術的に乗り越えられない壁にぶち当たり毎日辛くて泣いていました。
顧問の先生には、社交性がなく表現出来ない私に
『お前は人間になれない妖怪人間みたいだな』
と言われ、益々自分の殻に閉じこもってしまいました。
県大会が終わり、自分のできなさ加減にどうしようもなくなって全部投げ出したくなって海で溺れてみようか?山で遭難しようか? 毎日、世界が終わればいいのに。
そんな悲しいことを考えたり、実行しかけていました。
そして、部活の負荷に耐えきれず、何よりも周りの子とどんどん差がついていることに情けなくなり部活をやめました。
しかし、その事に今度は負い目を感じて、部活の友達もいなくなり、学校での居場所がなくなりました。
毎日、辛いことには変わりなくて、学校を休みはじめたりしていました。
当時の私に母も先生も、頭を抱えていたことと思います。
できない、そんな自分はどうしようもない。
私が死んだ方がみんな幸せなんじゃないか。
本気でそう考えていました。
そんな中、共育の杜の発起人、佐々木浩一さんとの出会いがありました。
当時、佐々木さんのセミナーを携帯で見て、号泣していたのを記憶しています。
死にたい、そう思っていたけれど本当は誰よりも本気で生きたかったのだと。
自分らしく、本来の私で人と関わりたかったんだと佐々木さんと関わり、学んでいく中で気付きました。
高校卒業後、私は進学の道を進めませんでした。
浪人も、独学で、バイトを頑張りつつでしたが失敗。
社会にいきなり、道も分からず放りだされた気分でした。
そんな中励ましを貰っていたのが落語や、コントです。
学校でクラスと馴染めず、社交性が身につかないまま育ったので、人に何かを伝えることが苦手で、表現出来なくて苦しくて。
どうしようもなかったんです。
嬉しいのに、相手からはあまり嬉しいが伝わってなかったり。
怒ってないのに怒っているように伝わっていたり。
だから、自分の伝え方の克服のために元々好きなお笑い芸人さんを真似しようと動画を見たり、落語家さんの寄席に何度か行ってみたり。
その時の寄席の落語家さんの空気感の作り方がやばくて。
舞台には落語家さん一人しかいないのに、話の中にどんどん引きつけられる感覚があって、飽きませんでした。
そこでの話もそうだし伝え方がやはり芸人さんはすごいなと。
今回ご縁がありお笑い芸人のオシエルズさんとの企画を立てさせて頂き、とてもわくわくしていました。
オシエルズさんは、優しくてめちゃくちゃ面白いです。
誰も傷つけない笑いを学校で出前授業で巡回していたり、高校生対象で東京都教育委員会で講座をしていたり。
すごく素敵な活動をされていて、こんなお2人を皆に知ってほしいなと思っています。
この企画を通して、先生はじめ、子どもたちの爆笑できる日々が増えていけば嬉しいです。
最終的には、子どもたちひとりひとりの自発的な意見が学校で育っていき、みんなが夢を叶えられるようになれば良いなと思っています。