〈第5話〉失敗しても良いというパラダイム。失敗から学び、経験を積むことで得られる成果

月刊動画対談「New パラダイム」第一弾
人格と経験により培われた能力がリーダーとしての信頼を生む
~住田昌治氏の学校運営~

第5回目の対談では、変化の中でどのようにして「和」を持つのかを議論します。
外資系企業での議論では、訳せない日本語がある、と竹村さんから驚く発言があります。
その日本語は、私たちはふつうに使っています。

「7つの習慣」では、私の案ではない、あなたの案でもない第3の案を生み出す原理を解いています。
コロナ禍の中、変化の激しい時代において求められるのは、自分たち自身で答えを求めていく対話が必要になっています。
では、その対話をどのように進めるのか、その際に必要なリーダーシップとは何か、その秘密を論じ合います。


↓↓↓第1話についてはコチラ↓↓↓

■第1話『住田昌治氏の学校運営~信じて、任せることにより主体的な組織〜』

 この動画の続きをご視聴になりたい方は、エンパワメントにご登録ください。


共育の杜オンラインサロン「エンパワメント」