働き方を変えてみませんか?~自分と子どもを大切にする働き方~

働き方を変えてみませんか?

教員の多忙化の解消をめぐり、いくつかの政策が打ち出されています。
ただ一方で、働き方に対する教員自身の考え方を問い直す議論はまだまだ少ないようです。
今回のセミナーでは、教育現場の感覚に寄り添いながら、政策とは別の視点で多忙化について考えたいと思います。
新進気鋭の教育学者、民間企業から公立学校教員に転職した方との対話の場です。

———————————————————————-

1.日時  7月31日(土) 15時~17時

働き方を変えてみませんか?-自分と子どもを大切にする働き方-

2.登壇者プロフィール

〇片山悠樹(かたやま・ゆうき)
愛知教育大学教育学部准教授。
専門は教育社会学。
主な著書に『「ものづくり」と職業教育』(岩波書店)、『多様化する社会と多元化する知』(ナカニシヤ出版)、『半径5メートルからの教育社会学』(大月書店)など。

〇金指祐樹(かねざし・ゆうき)
静岡県の公立中学校教員(社会科)。
大学卒業後、三菱電機、三井住友海上火災保険で営業業務に従事し、現職。
営業マン出身の教員として、子どもにとって「社会に出て本当に必要な力は何か」を大切にしながら教育活動を行う。

〇寺町晋哉(てらまち・しんや)
宮崎公立大学人文学部准教授。
専門はジェンダーと教育、教師教育。
著書に『〈教師の人生〉と向き合うジェンダー教育実践』(晃洋書房)。

〇中村瑛仁(なかむら・あきひと)
大阪大学大学院人間科学研究科講師。
専門は教育社会学、教員文化論。
著書に『〈しんどい学校〉の教員文化』(大阪大学出版会)。


3.参加対象・参加方法
1)共育の杜が運営する有料オンラインサロン「エンパワメント」に参加。
(エンパワメント既存の会員は、下記の申し込みフォームからお申し込み頂きますが、決済の必要はありません。)

2)参加される方はこちらから
3)ご登録いただいたメールに決済方法と登録の手続きの方法をお送りします。
4)事務局の方で以上全ての手続きが完了したことを確認できましたら、ご登録メールアドレス宛にライブ当日のズームリンク情報を送らせて頂きます。