リーダー・イン・ミーが救ったパナマの親子

現在、世界には6,000校以上のリーダー・イン・ミー校があります。

導入国は、アメリカ、カナダ、ブラジル、オランダ、インド、パキスタン、コロンビア、中国など約60ヶ国に渡ります。

国が違えば、文化、宗教、言語はもちろん、学校の制度も異なります。

それでも普遍的な「7つの習慣」「リーダー・イン・ミー」は、今日も世界中の学校で広がり続けています。

今回は、そうした世界のリーダー・イン・ミー校の中から、パナマの学校であった本当のお話を共有させていただきます。


参考:パナマは日本の外務省のホームページ(2022年9月現在)で、「銃器を用いた凶悪犯罪が発生している」と、警告が出ている危険レベルが高い国の1つです。

ある10歳の男の子がパナマに住んでいました。

とても喧嘩っ早い子で、友達に暴力を奮うこともあり、10歳までに3校の学校から追い出されていました。

父親は犯罪に手を染め、刑務所に入っていました。

ちょうど父親が出所する頃、その子は4校目の学校、リーダー・イン・ミー導入校に通うことになりました。

しかし、登校初日、早速、問題が起こります。

学校の誰かと喧嘩し、相手を殴ってしまったのです。

先生と児童全員が集まり、その子について話し合いを行いました。

話し合いの内容は、「彼をどう処分するか」ではなく「彼をどうすれば助けられるか」でした。

みんな、彼には助けが必要なことが分かっていました。

そして「彼は変わる力を持っている」と信じていました。

子どもたちは、その子を支えるため、いくつかのグループを作ることにしました。

「勉強」を教えるグループ、「リーダーシップ」を教えるグループ、「学校での過ごし方」を教えるグループなどです。

学校全体で手を取り合い、その子を支え、信頼関係で結ばれた友達になれるように接しました。

10日後、彼は校長先生の元に行き、こう言いました。

「この学校は、今までの学校と違う。僕、この学校に、ずっといたい」

それから1ヶ月が過ぎた頃、彼の父親が学校にやって来て言いました。

「この学校がうちの息子に何を教えているかを俺は知らない。だけど、俺にもそれを学ばせてくれないか」


リーダー・イン・ミーの学習は、どんな環境でも、どんな人にでも効果的です。

それは、「7つの習慣」が普遍的であること、そして誰もが学ぶ力を持っているからです。

日本には41校のリーダー・イン・ミー校があります。
(簡易版のエントリースクール校も含む)

私たちはこれからも多くの子どもたちに、真のリーダーシップ教育を届けることをミッションに日々、活動を続けています。

変革を起こしたい学校関係者の皆様、教育内容をご検討中の教育委員会の皆様、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

 
【リーダー・イン・ミーについての詳細・問い合わせ】
フランクリン·コヴィー·エデュケーション·ジャパン株式会社
Webサイト:http://www.edu-franklincovey.jp/
連絡先:contact@edu-franklincovey.jp